mci 765 C
40 years cutting edge

mci 765 C

加工モジュール

  • mci 765 C シールモジュール

    mci 765 C シールモジュール

  • mci 765 C シールモジュール

    mci 765 C シールモジュール

  • mci 765 C シールモジュール

    mci 765 C シールモジュール

mci 765 C – インテリジェントな方法でシールを挿入

  • SPM シール位置のモニタ
  • シール位置の自動セットアップ
  • 高度な加工制御
  • 便利な操作
  • 既存の用途の使用可
  • 非常に幅広い範囲のシールとミニシールに対応

mci 765 C シールモジュールは、ミニシールを含むあらゆるカスタムバリエーションの自動シール挿入を可能にする革新的な装置です。精密機械技術と完全組込み式のシール位置モニタ (SPM) とが組み合わさり、制御された加工を保証します。優れたアクセス性と、組込みの視覚的シールモニタおよびシール位置自動セットアップにより、本装置は全自動圧着機
Alpha 355/355S/356/358/455/477/488、Gamma 263 および Zeta 633 用の理想的なモジュールとなっています。

機能

まったく時間をかけずに、シールモジュールを他のシールタイプに変更できます。小型設計とアクセス性の良さで、最大限の柔軟性が保証されています。両側に取り付けられたシールされたキーボードの 1 つを使用して、重要な機能のほとんどを制御できます。

高精度レーザーセンサーにより、ケーブル上のシール位置を計測します。シール位置は自動的に設定されます。本モジュールは直ちに生産に利用可能で、挿入操作ごとにシールの存在と位置をモニタします。位置決めはその後調整され、素材のばらつきを補償します。統計された最新の 100 SPM 画像を表示できます。これにより、TopWin と対話して生産全体を評価できます。

シールドラムの下に収集トレイを置くことで、マシン本体は清潔で整頓されたままです。シールの適用はモジュールとして設計されており、Komax
mci 761、mci 762、mci 765 シールモジュール、および bt 752 手動ワークステーションに対応しています。



mci 765 C Seals module

付属品/オプション

  • 一般的なシールすべてに対応する用途設定

mci 765 C Applikations-Set

シールデータ 最大径 10 mm (0.39 インチ)
最大長 11 mm (0.43 インチ)
挿入量 約 4500 個/h
切り替え時間 2 ~ 5 分
通信 MCI (RS485) 
電気的接続 180 ~ 230V 50/60Hz 
エアの接続 5 ~ 8 bar (72.25 ~ 116 psi)
寸法 (W×H×D) 225×525×500mm (8.9×20.7×19.7 インチ)
重量 約 28 kg (62 ポンド)