Lambda 2 Series
40 years cutting edge

Lambda 2 Series

Essential Line

  • Lambda 2 Series

    Lambda 2 Series

 

効率のよい個別処理を実現する、柔軟性の高い卓上圧着プラットフォーム

高い適応性

  • コンパクトなサイズで、卓上ユニットに適しています
  • 末端部固有の可変バージョン
  • 変化するニーズに合わせて柔軟に調整可能なモジュラー設計

簡単で効率的

  • 短いサイクル時間
  • 簡単で迅速、かつ安全な手動操作
  • タッチスクリーンパネルでの簡単な操作
  • ツール変更が簡単

信頼性の高いモニター

  • 組み立てステップに組み込まれた加工制御
  • 組み込まれた圧着力分析
  • 力曲線と生産の表示

 

半自動圧着機のLambda 2シリーズの設計により、ワイヤを個々に効率的に処理できます。スライド式キャリッジプレスは、最も変動する要件に合わせて使用できます。予め取り付けられた部品は、コネクタハウジングに嵌合する導線を準備するために圧着されます。Lambda 2は、工程を柔軟に監視し短いサイクル時間で処理するための強力な基盤を提供します。このプラットフォームは、新しい末端部の加工検証や労働集約的な環境での生産に非常に適しています。

高性能な卓上型圧着機

半自動のLambda 2シリーズは、高品質ワイヤ加工のあらゆる要件を満たします。圧着工程の前に、必要な部品を手作業で取り付けて位置確認軸に追加します。その後、予め取り付けられた部品は圧着・点検されます。短いサイクル時間により、加工効率が向上します。

調整可能なモジュラー設計

Lambda 2のモジュラー設計は、変化するニーズに合わせて個別に調整できます。ストレートソケットやストレートプラグ、アングルカプラーといった必要な接触部品が組み込まれています。外部ケーブルまたは圧着カバーは、供給トレーから部品供給機によって供給できます。

 

監視・テストされた品質

電子測定システムは、圧着工程の前後で必要な接続部の大半を監視します。信頼性の高い組み込み式の圧着力監視と力曲線と生産の表示により、加工結果を保証します。欠陥のある圧着は、廃棄装置によって分離されます。COAXおよびその他特定のケーブルでは、総合短絡試験を実施できます。

コンパクトで丈夫、操作が簡単

ソリッドスチール構造は、耐熱性でスペースを節約できるコンパクトサイズです。電子制御されたドライブは静かに作動し、ほぼメンテナンスフリーです。安全のため、オペレーターは両手操作で圧着工程を開始します。優れたユーザーコミュニケーションと高い操作性により、Lambda 2シリーズは簡単・確実に動作します。本機はツール変更が可能です。

寸法(L×D×H)
600 × 750 × 1000 mm
重量 150 kg
供給電圧 230 V – 50/80 Hz AC
エアサプライ 7 bar 
入力電力 2400 VA
騒音レベル 70 db(A)未満
周囲温度 18~25 °C