Komax 受入テスト

Komax 受入テスト

コンサルティングと取り付け

お客様への対応

  • 新規装置の生産工程へのスムーズなインテグレーション
  • 顧客側の受入が正式に終わった後に装置の取り付け
  • 生産工程の中断防止
  • 微調整の必要性なし
  • 当社熟練スタッフによるサポート

新たに注文されたKomaxマシンについて、試運転の前にそのマシンが仕様の詳細に至るまで適合できるようサポートします。そのため当社は、お客様の複雑なカスタム開発に最適なKomax受入テストを提供します。

 

お客様のご要望

  • 新規装置が自社の要望に沿って最適に構成・設定されているか確認したい。
  • 新規装置が自社の仕様に100%準拠しているか確認したい。
  • 後日実施する微調整によって生産が中断されるのを防ぎたい。
  • 生産工程において信頼性を確保したい。

説明

概して、複雑なカスタム仕様の装置では実施しなければならない手順が数多くあります。現地で装置を取り付けて、装置が予定どおりに動作しないことが判明した場合、通常の場合ですとその装置を製造元のところに移動させて修正作業を行うことになります。これですと、生産活動が滞り、無駄な時間を費やすことになります。Komax 受入テストでは、当社施設の生産工程にてそのすべての機能が検査されます。つまりマシンの取り付けが行われる前に改良、最適化の作業が施されますので、お客様指定の仕様に問題なく適合します。

 

利用可能製品

  • Komax
  • TSK
  • Kabatec

サービスの範囲 

  • マシン取付の前に行われるKomax 受入テストのお客様向け仕様
  • お客様による標準的な受入プロセスは以下のとおりです: 
    マシン組立後の主要コンポーネントの当初検査
    • お客様立ち会いの下、Komaxで実施する装置のテスト(お客様の原材料を含む)
    • 必要に応じて、修正作業と最終調整
    • お客様との連携で行う受け入れ
    • マシンのお客様施設までの運搬と取り付け
    • 必要に応じて、装置取付後の追加テストと最適化作業