F1110

F1110

ワイヤハンドリング

  • F1110 プレフィーダー

    F1110 プレフィーダー

  • ゴムまたはプラズマコーティングを施したパワフルなロール駆動

    ゴムまたはプラズマコーティングを施したパワフルなロール駆動

  • 大型ケーブル収納 (最大4.2m)

    大型ケーブル収納 (最大4.2m)

  • 調整可能な予圧を付与した柔軟なスイベルアーム

    調整可能な予圧を付与した柔軟なスイベルアーム

  • 最大送り速度を直接、フィードシステムで調節可能

    最大送り速度を直接、フィードシステムで調節可能

加工が困難なバンドルに対応したケーブルフィードシステム信頼性が高く素材を傷めない

最大限のパフォーマンスを実現するインテリジェントソフトウェア

  • マシンと加工のアクティブ同期による最大スループット
  • ソフトウェアパラメータの自動調整 (自己学習システム)
  • ケーブルのねじれ検出時の特に迅速な停止

簡単でスピーディーな装備と交換

  • 収納アームの取り付け/取り外し位置が分かれているため、ケーブルをすばやく交換可能
  • 作業終了後には収納アームの取り外し位置を最適化
  • 断面積が大きいワイヤ用に調整可能な予圧
  • 電気のみ使用 - 圧縮空気は不要

可能な限り人間工学に基づいた使いやすさ

  • 複雑なケーブルバンドルやケーブル内蔵フレームでも確実な繰り出し
  • 自動停止を備えた内蔵型ケーブル終端検出
  • マシンのケーブル線路はオペレーターにとって最適な作業高さ
  • 最大6/msの速度をフィードシステムで直接設定可能 

F1110は、AlphaおよびGammaモデルシリーズの全自動ケーブル加工機用に技術的に進歩したケーブルフィードシステムです。ゆるいケーブルリングやケーブルドラム、小型のケーブルスプールを簡単かつ均等に加工できます。プレフィーダーはEtherCATを介してメインマシンのソフトウェアに深く統合され、マシンと通信可能です。この同期により、常に最大限の生産量達成を促します。

 

短い交換時間

様々な機械的・人間工学的な最適化により、交換時間が以前のモデルと比較して大幅に短縮されました。例えば、ロード/アンロードの位置を備えたスイベルアームは、ケーブルの被覆および被覆剥き加工に使用できます。プリフィーダーのパラメータ(例:速度、加速度)は、メインマシンのHMI部に保存できます。ケーブル終端検出により、問題なくマシンを空運転できます。ケーブル残滓が最小限に抑えられます。

高い生産量

多くの技術的な詳細により、不具合のない円滑な運転と高出力が保証されます。送り速度は、直接フィードシステム上でケーブルバンドルに合わせて最適に調整可能で、予防的に低く設定されることはありません。また、ケーブル加工機と同期して、最適な生産を保証します。大型ケーブル収納により、不具合が発生しても生産は中断されません。作業時にプレフィーダーが不要な場合は、バイパスオプションがあります。

 

素材を傷めないケーブルの取り扱い

このスマートなケーブルフィードシステムは、バンドルの種類およびケーブル素材の安定性と品質に基づいて加工を行います。なお、この事前設定は、生産中にインテリジェントソフトウェアにより継続的に調整できます。突然の速度変化や強い引っ張りは、システムにより回避されます。ねじれがある場合は、非常な速さで停止するため、重大な問題が生じる前にエラーを修正できます。

 
ケーブルの最大直径 1 ~ 5mm (0.04 ~ 0.2インチ)
ケーブルの最大断面積 0.13*  4 mm² (AWG32  AWG11)
*0.13  0.22 mm² on request
ケーブルリングの最大直径 650 mm (25.6インチ)
ケーブルリングの最大高さ 1000 mm (39.4インチ)
ケーブルの最大送り速度 3 ~ 6 m/s (9.8 ~ 19.6 mph)
ケーブルの最大収納量 4.2 m (13.7フィート)
電源 110/230 VAC, 60/50 Hz
(自動切り替え)
出力 0.3 kW
圧縮空気 -
ケーブル排出口の高さ (ケーブル線路) 1170 mm (46インチ) Alphaの場合
1080 mm (42.5インチ) Gammaの場合
マシンの寸法 (L × B × H) 1150 × 419 × 1050 mm
(45.2 × 16.5 × 41.3 インチ)
重量 55.6 kg (122.5 ポンド)
通信 EtherCATバス
ソフトウェア Komax HMI