MIKO

MIKO

ソフトウェア & ネットワーク

  • MIKO

    MIKO

工場現場を MES で最適にネットワーク化

デジタル化をサポート

  • シームレスな統合により、生産性と品質を最大限に活用
  • 顧客ごとの生産ワーク フローをすべて実装します
  • データの手動入力エラーを防止します

品質に関する包括的な文書化

  • 生産工程の追跡性を確保します
  • 各工程ステップの最適化のための品質データを提供します
  • すべての品質測定を記録します

機械装置の効率の向上

  • 行程およびパフォーマンスのパラメーター指定を通して、生産量を増大します
  • 総合設備効率を向上します

MIKOは、ワイヤー加工機でのデータ交換を行うためのオープンなスタンダードインターフェースです。リアルタイム情報を使用したネットワーキングにより、これは生産性と精算品質の大幅な改善を可能にします。インダストリー4.0の観点から、MIKOインターフェースは加工品質の最大化、完全なトレーサビリティの確保、機械装置のパフォーマンス向上を行います。

オープンなスタンダードインターフェース

MIKOインターフェースは、標準化されたプロトコルHTTPおよびMQTTに基づいています。ソフトウェア開発キット(SDK)は、効率的でダイナミックなデータ交換を保証します。

インテリジェントデータの交換

MIKOインターフェースでは、クライアントとマシン間のリアルタイムデータによる無制限の通信が可能になります。このようなシームレスな統合によって、最大限の生産性と品質が実現され、パフォーマンスが大幅に改善されます。

機械装置の使用効率の向上

MIKOインターフェースは、各生産ラインのすべての生産データを提供します。そのデータは、OEE (総合設備効率) 分析のベースになります。これにより、加工および機械能力が継続的に最適化されます。これで、スクラップが最小化され、可能な限りの高い品質が実現されます。その結果、機械装置全体の生産性が向上します。

工程セキュリティーの強化のためのインターフェイス

MIKOインターフェースは、MEシステムとマシン間の通信の「ラストワンマイル」に及びます。それは、あらゆるカスタマイズされた生産フローの実装に対して完全に統合されます。つまり、手動入力なしに最適な工程セキュリティーが実現されます。

品質に関する包括的な文書化

生産の進捗と品質は、MIKOを介してリアルタイムで追跡できます。これはすべての生産および品質データを提供します。そのため、品質およびOEEを目的とした文書化と完全な追跡が可能になります。

インダストリー4.0のインターフェイス

ERPシステムとMESシステムを使った生産のコントロールは、今日の市場で生き残るために必要不可欠です。その種の強力なネットワーキングで必要なリアルタイム情報は、MIKOインターフェイスから提供されます。