Q1210
40 years cutting edge

Q1210

品質管理ツール

  • Q1210 – 引き抜き力試験器

    Q1210 – 引き抜き力試験器

  • Q1210 – 引き抜き力試験器

    Q1210 – 引き抜き力試験器

Q1210 – 引き抜き力試験器

  • 簡単な操作と左利き、右利き両方のオペレーターに配慮した、人間工学に基づく操作性
  • 確実に正確なマシン設定が行えることによる品質の向上
  • 高精度が実現した再現性のある測定
  • 極めて頑丈な構造が保証する高可用性
  • センサー制御の圧着保護機能による信頼性の高い操作

ケーブルに圧着されたコンタクトの引き抜き力測定は、圧着加工の品質評価として今でも重要です。この方法はやや古風かもしれませんが、マシンが正しく装備、設定されているかどうかをすばやく簡単に確認することができます。

機能

モーター駆動の Q1210 引き抜き力試験器は、一様で一定な動きで最大
1000 N までの引き抜き力を測定します。本精密測定装置は測定範囲全体にわたって 0.03 N の分解能を持ち、正確で再現可能な測定を行います。高精度な制御回路は、引き抜き力の速度を極めて一定に保ちます。頑丈で堅牢な構造の本装置は、業界の過酷な条件にも耐え得ます。

本引き抜き力試験器は TopWin マシンソフトウェアと一体化されており、マシンのオペレーターには順を追って作業手順が示されます。測定値は直接マシン本体に送信され、事前定義された目標値と比較されます。測定された引き抜き力は WPCS インターフェイスでも発行されます。

付属品のキャリブレーションケース

本装置の精度は Q1210 試験ユニットで決定されます。このユニットはオプション品として用意されています。試験手順はごく簡単かつ迅速に実行できます。通常、1 回の試験手順で測定範囲全体に渡って分布する 10 の値を測定します。次に、これらの値は試験ユニットの基準センサーで測定した値と比較されます。手順の最後で証明書が作成されます。

測定範囲 20 ... 1000 N
解像度 0.03 N フルスケール
精度 0.5% フルスケール
引き抜き速度 100, 50, 25 mm/分
データインターフェイス USB
電気的接続 24 V DC / 18VA
寸法 (L×W×H) 135×178×341 mm (圧着装置なし)
181×178×341 mm (圧着装置あり)