bt 188 T
40 years cutting edge

bt 188 T

撚り機

  • bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

    bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

  • bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

    bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

  • bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

    bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

  • bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

    bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

  • bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

    bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

  • bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

    bt 188 T 半自動ワイヤ撚り機

非常に効率の良い撚り加工専用機

  • 簡単で直感的な操作
  • 一人のオペレーターで高速生産
  • 最終製品にからめて工程パラメーターを計算
  • MIKO によるネットワーク化が可能
  • 生産承認の前の厳格な品質評価
  • 傑出した加工品質
  • 常に信頼性の高い結果
  • クロスを使うか、あるいはオプションで PVC を使って、両端を自動的にバインド可能
  • オプションとして、ピッチエラーなしに 3 本または 4 本のワイヤのより合わせが可能

卓越した撚り加工品質と高速度。これらは、188 T 半自動撚り加工機の長所です。また、操作が簡単で、魅力的な価格と、優れた性能が保証されます。新規オプションであるスポットテーピングユニット bt 188 と組み合わせれば、クロスまたは PVC テープを使用して、ワイヤの両端をバインドできます。

工程の高い信頼性を確保するための最大限の精度

bt 188 T は、2 本~4 本のワイヤを撚り加工することができ、満足のいく結果を生じます。必要に応じてパラメーターを調整できます。するとマシンは、自動的に必要な切断長さを計算します。たとえば、撚り加工の最終長、ピッチ長、ワイヤ断面、ワイヤの外径、オープン端を変更できます。それによって、新規製品のセットアップ時に使用材料のテスト量を最小化し、生産に向けてすべてをすぐに準備することができます。直感的な TopTouch ユーザーインターフェイスによって、システムは極めて使いやすくなります。新規製品のプログラムや、既存製品の迅速かつ容易なロードが可能になります。最大 1200 種類の事項を保管できます。

斬新かつユニーク: 全自動スポットテーピングユニット

統合されたスポットテーピングユニットは、bt 188 T でのみ利用できます。このユニットは、クロスまたは PVC の小さなテープを撚りケーブル端にバインドし、輸送およびアセンブリ時の巻き戻りを防止します。また、顧客は、Komax の市場革新内容を使って既存システムをアップグレードするオプションを利用できます。

  • 自動テーピング
  • テーピングユニットの位置は、ワイヤ中心に対して相対的な定位置に保たれます
  • ワイヤの両端を同時にテーピング

高まる品質要件

自動車に使用される通信線の数や要求される品質レベルは常に高まっています。しかし、オープンワイヤ端の望ましくない拡大はデータ伝送の品質を損なっています。この問題を克服する方法はワイヤ端を結束することです。自動テーピング加工は常に正確に同じ位置を保ち、オープン端がコンパクトなまま定義された仕様内に確実に収まるようにします。

bt 188 Tで使用できる優れたオプション

  • 正確な自動結束を可能にするスポットテーピングユニットを統合できます。これはワイヤ両端を同時に加工します。
  • また、3 本または 4 本のワイヤを処理できる高精度多芯撚り加工ユニットを統合することもできます。それによって、ピッチエラーなしに完全な結果が生じます。撚りワイヤ長全体にわたって、均一なピッチ長さと高さレベルが保持されるので、毎回優れた性能が確保されます。
  • MIKO オプションにより、品目の迅速かつエラーのない設定およびバリューチェーンに沿った高い透明性のためのネットワーク化が可能になります。自動的に提供されるイベントは他の手順で使用できます(例:バッチ生産後に顧客ソフトウェアを使用した自動印刷ラベル)。

オプション

  • 統合テーピングユニット
  • 3 本または 4 本のワイヤを撚り加工するためのフラットグリッパー
  • 高精度の多芯撚り加工
  • 最大 3 段階の拡張 (3 m から最大 12 m までマシンを拡張できます)
  • 底面/上面のフィードトレイ
  • テーブルベース
  • フットペダル
  • 短い撚り加工長さ用のスペーサーホルダー
  • グリッパーをクローズするための移動操作ボタン
  • MIKO(Manufacturing Interface Komax:製造インターフェース Komax)

ワイヤ断面 2×0.08mm²–2×4.0mm² (2×AWG28–2×AWG11)
オプション:
3×0.08mm²–3×2.5mm² (3×AWG28–3×AWG14)
4×0.08mm²–4×2.5mm² (4×AWG28–4×AWG14)
ピッチ長 8 – 50 mm (± 5 mm*) (0.31 – 1.97 in)
解放端の長さ 1 側:25 – 190 mm (0.98 – 7.48 in)、調節可能
2 側:25 – 85 mm (0.98 – 3.35 in)、調節可能
解放端の間の差異 0 – 60 mm (0 – 2.36 in)
撚り加工の最終長 約200 – 2’300 mm (約7.87 – 90.55 in)**/***
約200 – 11’300 mm (約7.87 – 444.9 in)**/*** オプション
高精度の多芯撚り加工オプションによる最小ワイヤ長さ 300 mm (11.81 in)
スポットテーピングユニットオプションがある場合の最小ワイヤー長さ 700 mm (27.56 in.)
電気接続 115/230 V、50/60 Hz
圧縮エア供給 4 ~ 6 bar (58 – 87 psi)
基本モジュールの重量 約95 kg (209 lbs)
重量ベース 約45 kg (99 lbs)
拡張モジュールの重量 約65 kg (143 lbs)
生産高 約350 pcs/h****
約250 pcs/h**** (高精度の
多芯撚り加工オプションあり
騒音レベル <80 dB

* プロセスパラメータとプロセススピードに依る
** 材料とピッチの長さに応じた撚り加工の最終長
*** 2本の短撚り線用オプションあり。最小ワイヤ長さ > 160 mm (6.3 in)
**** 設定値:ケーブル:FLRY 2 × 0.50 mm2 (AWG 30)、ピッチ:20 mm (0.8 in)、撚り加工の最終長:1,000 mm (39.4 in)、左および右の解放端:30 mm (1.2 in)、過撚り:25 %

bt 188 Tスポットテーピングユニットの技術データ

圧縮エア接続
6 bar (87 psi)
束の直径 2~6 mm(0.078~0.236 インチ)
テープ幅 9 mm (0.354 インチ)
テープロール芯の直径 38.1 mm (1.5 インチ) / 76.2 mm (3 インチ)
テープ材料 クロスと PVC
寸法 (H×W×D) 190 × 210 × 470 mm  (7.48 × 8.27 × 18.5 インチ)
およその重量 約 5 kg (11 ポンド)
ツイストペア
ツイストペア