Alpha 488 S
40 years cutting edge

Alpha 488 S

撚り機

  • Alpha 488 ワイヤ圧着機 – ワイヤ撚り機

    Alpha 488 ワイヤ圧着機 – ワイヤ撚り機

  • Alpha 488 ワイヤ圧着機 – ワイヤ撚り機

    Alpha 488 ワイヤ圧着機 – ワイヤ撚り機

  • Alpha 488 ワイヤ圧着機 – ワイヤ撚り機 – 解放端

    Alpha 488 ワイヤ圧着機 – ワイヤ撚り機 – 解放端

  • Alpha 488 ワイヤ圧着機 – ワイヤ撚り機

    Alpha 488 ワイヤ圧着機 – ワイヤ撚り機

Alpha 488 S – ツイストペアの経済的な加工

  • ツイストペアの高効率の自動生産
  • ステーションが 6 つという柔軟性と、特殊ワイヤ端の加工が可能
  • ワイヤの慎重な取り扱いにより、損傷のない製品が確保されます
  • OEM 承認の品質と精度の実現のための、実証済みかつ革新的な品質モニターシステム
  • 工程の完全コントロールおよびリードセットの良と不良の厳密な選別
  • バリュー生成チェーンに沿った、透明性の向上のためのネットワーキングが可能
  • 加工セットのショートオープン端によって、例えば極めてショートオープンなワイヤ端を取り扱うイーサネットでの用法のように、UTP ワイヤの生産が可能になります
  • コンパクトかつ堅牢で耐久性に優れたマシン設計によって、占有面積は最小限で済み、メンテナンスもほとんど必要ありません
  • スイスのテクノロジおよび撚り線の完全性の 15 年間の保証


Alpha 488 S は、2 本のバルクワイヤから全自動でツイストペアを製造し、完全に長さを調整してカットし、あらゆる品質管理を行います。システムのモジュラー構成により、素晴らしい柔軟性が確保されています。ワイヤの始まり部分の処理に 4 台、ワイヤ端の処理に 2 台の加工ステーションを使用することにより、広範囲な加工の可能性が開かれます。

最高の柔軟性

マシンのレイアウトでは、最大 6 つまでの加工モジュールが収容されます。2 × 0.22 mm² (AWG 24)、またはオプションで 2 × 1.3 mm² (AWG 26) から 2 × 2.5 mm² (AWG 14) までの断面積のワイヤ (最大 2 × 1.0 mm² の加工セットのショートオープン端) を最高品質へと加工できます。
Alpha 488 S は、4 m、7 m、10 m のバージョンが用意されています。
Komax 圧着モジュール mci 722 または mci 712 と、Komax シールモジュール mci 765 C やクイック交換システムと統合品質モニターシステム Alpha 488 S との組み合わせによって、最大限の加工信頼性と切り替え時間の大幅な短縮化が実現されます。
要請があれば、たとえばイーサネット用途などの、加工セットショートオープン端を使って、非常にショートオープンなワイヤ端をもった UTP (シールドなしのツイストペア) ワイヤを生産できます。


卓越した使いやすさ

本システムは、素晴らしい使いやすさが特徴です。ステーションすべてへのアクセス性は、大きなスイベル半径と上方に開く保護カバーによって最適化されています。

さらに、折りたたみ式の長いウィングドアにより、オペレーターは上部ワイヤディポジットトレイやねじり加工領域にもすばやく優れたアクセスを行うことができます。

ピボット回転するオペレーターコンソールにより、ワイヤディポジットトレイに常に自由にアクセスできるため、マシンの操作性は向上しています。

同じ場所での視覚的な出力とデータ入力を組み合わせたタッチスクリーンも、マシンの操作性向上に貢献しています。タッチスクリーンは標準構成に含まれています。

グラフィカルユーザーインターフェイスは実績のある TopWin を基にしており、Alpha 488 S を最も簡単に制御できます。

ワイヤ供給ユニットのコンパクトなデザインによって、日常使用するガイディングパーツとツールに集中的で速いアクセスを行うことができます。


Alpha 488 S Module

最大限に簡素化された保守

高性能で非常に革新的なワイヤレス電子転送システム - ICS (誘導通信方式) と自律的な空気圧ストレージシステムが組み合わさり、

ワイヤ引抜き装置の台車でドラッグチェーンを抑制することができます。リニアキャリッジの高度に簡素化されたガイディングの考え方、コンパクトなディポジットセルと一部の自動調整により、システムの取付は大幅に簡素化されています。

単一のコントロールキャビネットと簡素化されたハードウェアアーキテクチャによって保守作業は容易になります。

 

テクノロジー

AC サーボドライブを使用したねじり加工ヘッドは Alpha 488 S の心臓部であり、必要な動力を供給します。組込みのねじり力アナライザー (TFA) はねじり加工中、力をモニタし、次のねじり加工ヘッドの調整動作を統制します。それによって、確実で超精密なねじり加工が保証されます。

組込みのデルタ長アナライザー (DLA) を装備したリニア ワイヤ プラーにより、ワイヤが高精度な長さで丁寧に引き込まれることが保証されます。システムの生産性が高いのは、2 本のワイヤの並列加工と、全体的な加工サイクルを完全に同期した 3 種類の主工程に分割した結果です。

Alpha 488 S のさらなる中心要素の一つは、モーター駆動軸を持つ渡し橋です。それにより、ワイヤの取り扱いがさらに丁寧で精密になると同時に、調整手順の一部を自動化できます。

ソフトウェア

オプションのインターフェイスである WPCS (ワイヤ加工通信標準) を使用することにより、
Komax マシンを TopWin 下でネットワーク化できます。このオープンインターフェイスを使用すれば、本機を簡単に既存の生産過程に統合できます。

TopNet は部品や商品、生産活動を最適化するのに役立つジョブを集中的に作成して管理するための機能を備えた、分かりやすく配置されたソフトウェアです。

TopConvert を使用すると、既存のジョブと商品リストを WPCS 形式に変換できます。変換後、このデータは、全自動圧着機で直接処理できます。

 

加工モジュール

個々の顧客ニーズを満たすために、各種のモジュールを使って Alpha 488 S をカスタマイズできます。

  • 圧着モジュール mci 712 (CFA/CFA+ を装備)
  • 圧着モジュール mci 722 (プログラム済みの圧着高さと CFA/CFA+ を装備)
  • シールモジュール mci 765 C (シール位置モニター SPM を装備)
  • 要望に応じて他の加工

加工セット

  • 短い長さ
  • オープン端の標準
  • 短いオープン端
  • 長くて不均一な長さのオープン端
  • 小ゲージワイヤ
  • 無ハロゲン絶縁

付属品/オプション

ワイヤの予備加工

  • インクジェットマーカー
  • ホット スタンプ マーカー
  • ワイヤフィードシステム

 

圧着モジュール付属品

  • 紙巻き取り機
  • キャリアストリップチョッパー
  • 空気圧式バルブセット
  • 圧力調整セット
  • ターミナルの長さ方向と横方向の移動モニタ

 

工程監視

  • ねじり力アナライザー (TFA)
  • デルタ長アナライザー (DLA)
  • クリンプフォースアナライザー (CFA/CFA+)
  • シール位置アナライザー (SPM)
  • スプライス検出
  • 品質保証 Komax 331、341、371、汎用バーコードスキャナ

 

ディポジットシステム

  • ディポジットセル 4 m、7 m、10 m

 

その他の付属品

  • タワーライト
  • ワイヤ測定幅
  • 拡大鏡
  • キーパッド
  • UPS (無停電電源装置)
長さの範囲 700 mm–4000 mm (27.6インチ~157.5インチ)
700 mm–7000 mm (27.6インチ~275.6インチ)
700 mm–10000 mm (27.6インチ~393.7インチ)
オプションで 150 mm (5.9インチ) より
ツイストペアの最終長
長さの精度 ±(0.3%+1.5 mm (0.06 インチ))
ストリップ長さ 1 側:0.1 mm ~ 18 mm (0.004 インチ~0.7 インチ)
2 側:0.1 mm ~ 35 mm (0.004 インチ~1.4 インチ)
ワイヤ断面* 2 × 0.22~2 × 2.5 mm² (AWG 24~14)
加工セットオープン端標準を使用
2 × 0.22~2 × 1.0 mm² (AWG 24~17)
加工セットショートオープン端を使用
オプションとして、最大 0.13 mm² (AWG 26) までを使用可能性テスト
オープンワイヤ端 30~99 mm (1.2~3.9 インチ) (加工セットオープン端標準を使用)
15~99 mm (0.6~3.9 インチ) (加工セットショートオープン端を使用)
30~125 mm (1.2~4.9 インチ) (加工セットの長くて不均一な長さのオープン端を使用)
生産可能なオープンワイヤ端は、ピッチ、外径、および終端加工に対応します。
ピッチ長 5 mm ~ 80 mm (0.2 インチ~3.2 インチ) プログラム可能な精度:±10%、最大 5 mm 
ワイヤ引き込み速度 最大 5 m/s (16.4 フィート/秒)
騒音レベル <75dB (圧着モジュールなし)
電気的接続 3×208~480 V/50~60 Hz、10 kVA
エアの接続 5 - 6 bar (73 - 87 psi)
12 Nm³/h (424 立法フィート/h
重量 2 台の圧着モジュールと 2 台のシール挿入モジュールの合計
Alpha 488 S / 4 m: 約 2800 kg (7502 ポンド)
Alpha 488 S / 7 m: 約 3400 kg (9109 ポンド)
Alpha 488 S / 10 m: 約 4000 kg (10717 ポンド)

*非常に固く強靱なワイヤの場合は、上記断面範囲内にあっても処理できない場合があります。使用するワイヤについて疑問がある場合は、サンプルを実際に加工します。





Alpha 488 S Layout

カッティング
カット引き抜き撚り線
フルストリップ
ハーフストリップ
ツイストペア
圧着
ホットスタンプマーキング
インクジェットマーキング
クローズバレル用スプリットサイクル
シール挿入