40 years cutting edge

ソフトウェア & ネットワーク

  • WPCS Wire Processing Communication Standard (ワイヤ加工通信規格)

    WPCS Wire Processing Communication Standard (ワイヤ加工通信規格)

WPCS Wire Processing Communication Standard (ワイヤ加工通信規格)

  • マシンのセットアップ時間が短縮されます。
  • ジョブペーパーが不要になります。
  • マシンへの誤入力をなくします。
  • 生産状態を記録します。
  • 生産されたジョブのトレーサビリティによって品質が保証されます。
  • 生産操業は完全に監視されます。
WPCS は、非常に簡単に全自動 Komax 圧着機とネットワークを形成できる柔軟なインターフェイスです。

機能

WPCS (Wire Processing Communication Standard、ワイヤ加工通信規格) は、生産データをマシンに送信し、フィードバック情報を読み取るための簡単で柔軟なインターフェイスです。顧客データは一般に、ERP システム (Enterprise Resource Planning System) に保存済みです。このデータは、全自動 Komax 圧着機で読み取って処理するためには WPCS 形式に変換する必要があります。この直接的な方法を使用すると、変換時間は劇的に短縮され、誤入力がなくなるため品質が保証されます。

各種のフィードバック情報もこの同じインターフェイス経由で返されます。たとえば、オペレーターは消費された素材、品質および統計データ、マシンのエラー、ジョブと生産状態などのフィードバックを受信します。そのデータは簡単に評価できるように単純な ASCII 形式で書き戻すことができます。顧客は必要に応じてそのインターフェイスを構成し、そのインターフェイス経由でどのデータが交換されるかを決定できます。

 

周辺機器の条件

  • TopWin はすべての全自動圧着機にインストールされている必要があります。
  • 全自動圧着機は、顧客のネットワークに接続されている必要があります。
  • 製造データは電子形式で利用可能である必要があります。