DLW Digital Lean Wiring
40 years cutting edge

DLW Digital Lean Wiring

ソフトウェア & ネットワーク

  • DLW ディジタルリーン配線

    DLW ディジタルリーン配線

  • ラウンドショットを使った写真での寸法測定

    ラウンドショットを使った写真での寸法測定

  • DLW – Digital Lean Wiring

    DLW ビューアー

制御キャビネットの構築における自動化のための効率の良いデータ準備

リーン生産工程のサポート

  • スイッチキャビネットの構築を簡単に自動化
  • 1 つのバッチサイズからでも、手動生産と比較して大幅な時間の節約
  • ワイヤ長は、仮想配線を使って計算されます

シンプルかつ柔軟性に富む

  • 合理的でカスタマイズ可能なユーザーインターフェイス
  • 利用可能なデータを簡単にインポートできます
  • 制御キャビネットまたは図 (DXF または PDF) の写真 (JPEG) を使った仮想配線
  • ラウンドショットを使って、高解像度の写真をすぐに準備できます
  • タッチコントロール (ビューアー) を使った、ガイド付きのインストール解説

製品の最小限のメンテナンス

  • 部品データベースのコストのかかるメンテナンスは必要ありません

DLW は、制御キャビネットの仮想配線用に設計されたソフトウェアです。これは、ケーブル長を決定するための極めて効率のよい簡単な手段となります。

シンプルな代替策

制御キャビネットの構築行程を自動化するための最初のステップでは、ケーブル長を含め、生産データを収集します。それを行うためには、Komax 社により開発された DLW (Digital Lean Wiring: ディジタルリーン配線) ソフトウェアが、シンプルさと柔軟性に明確に重点を置いた理想的なソリューションとして役立ちます。これには、データのインポートや準備のための各種のオプションが用意されています。たとえば、既存のワイヤリストを使って、どのように接続にマーク付けすればよいかを定義できます。また、2D 図を様々なフォーマットで簡単にインポートすることもできます。標準の ECAD システムのコンポーネントデータベースのメンテナンスに絡む高いコストを回避したい場合、高解像度の写真をベースにして仮想配線を実行できます。
そうすれば、製品メンテナンスが確実に最小限に保たれます。


ラウンドショットを使った写真での寸法測定

制御キャビネットの高解像度の写真は、ケーブル長を実に簡単に寸法測定するための手段となります。この画像は、別売りのラウンドショットカメラで撮影されます。これは個々の画像を複数枚とり、それらを組み合わせて 1 枚の正確な寸法の全体画像を作成します。それが DLW にインポートされます。

仮想配線

DLW ソフトウェアては技術者は、その画像または 2D 図を使用して、画面上でケーブルの仮想配線を行います。これは、接続ごとのケーブル長を決定するための極めて効率のよい手段となります。その後、この生産データは変換され、ワイヤ加工マシンにアップロードされて、設置可能なケーブルが生産されます。

DLW ビューアー – ガイド付きアセンブリ

DLW ビューアーは、合理的なタッチ式インターフェイスを特徴とします。そこでは、オペレーターが事前アセンブル済みの撚り線を画面上で配置する際の配線行程に沿って解説が提供されます。つまり、この加工ステップは、それほど熟練していない担当者でも実行できるということです。