MicroLab 30
40 years cutting edge

MicroLab 30

品質管理ツール

  • MicroLab 30

    MicroLab 30

  • MicroLab 30

    簡単に理解できる表示

  • MicroLab 30

    ラインレーザーにより位置決めが簡単

モバイルで簡単な品質管理

利益につながる利便性

  • サンプルの再クランプが不要
  • 後の研磨オプション
  • 再現可能なサンプルの標本
  • 最小限のメンテナンス

モバイルで自動的に高速

  • コンタクト直径 D= 10 mmまでの顕微鏡写真を作成 (オプション: 前置レンズ 0.5× 8 mm超の測定対象物の表示用)
  • 全自動でユーザーに依存しない
  • 完全なオンサイトでの分析のための標本、評価、文書化のモジュールを含む
  • 30秒からの非常に短い処理時間

迅速で信頼性の高い品質制御は、競争での重要な要因です。マイクログラフは、新しい圧着ターミナルとツール圧着のリリースに不可欠です。MicroLab 30 マイクログラフ ラボラトリーは、最新の品質工学の一部です。

スマートかつ優れた操作性

MicroLab 30 は、最大で直径 10 mm のターミナルのマイクログラフを作成するように設計されています。 切削と研削を組み合わせた工程により、後続のエッチング工程用サンプルの最適な準備を確実に行えます。ラボの一部である自律の標本、評価、文書化モジュールは相互に独立して動作し、完全なオンサイト分析を可能にします。標準化されたホルダーは、再クランプの必要なしに、サンプルを位置決めします。

完璧さへの信頼性

鋸のブレードと研磨ホイールを同心配置することにより、最適な加工シーケンスが可能です。再現可能なマイクログラフの標本は、多軸フィード制御システムとして機能する 2 つのステップモーターによって確実に作成されます。モバイル MicroLab 30 に必要なメンテナンスは最小限です。

SmartVision

写真、測定、評価、記録を含む、顕微鏡写真の分析に最適なソフトウェアが標準装備として統合されています。

加工範囲(最大端子 Ø)
0.50 ~ 10.00 mm (約 0.08 ~ 80 mm²に相当)   
供給電圧 100 ~ 240 V AC, 50/60 Hz
寸法(L × W × H) 500 × 450 × 350 mm
重量 約 35 kg