MicroForce 80
40 years cutting edge

MicroForce 80

品質管理ツール

  • MicroForce 80

    MicroForce 80

  • Access is password-protected and predefined for each user.

    Access is password-protected and predefined for each user.

  • Extremely short changeover times thanks to product data storage.

    Extremely short changeover times thanks to product data storage.

  • The crimp force curve for every crimp is compared against the reference curve.

    The crimp force curve for every crimp is compared against the reference curve.

品質、正確性、効率を保証

非常に高い効率

  • 詳細分析により圧着工程を最適化できます
  • 定義された断面積範囲で最高の測定性能
  • 丈夫なデザインにより耐久性を保証します

高い生産性

  • 個々の圧着圧曲線を記録
  • 項目を保存することで切り替え時間を短縮します
  • 操作しやすいタッチスクリーン

際立つ柔軟性

  • 事前設定されたアクセス許可により重要な機能を保護します
  • シンプルな汎用センサーは幅広く使用できます
  • 柔軟なインターフェースにより全自動ワイヤー加工機で使用できます

接点障害はしばしば圧着部の絶縁および撚り線の欠落の結果として起こります。この類の問題をなくし完璧な機能性を保証するため、MicroForce 80は個々の圧着部の品質を監視するよう設計されました。この試験装置によってチェーン加工を綿密に分析し測定値を記録できます。これらの結果に基づき、加工を最適化し欠陥のある圧着を最小限に抑え生産工程の追跡可能性を保証します。センサーの取り付けはすぐに簡単にできます。
MicroForce 80は信頼のおける実証済みの技術と高品質な加工を組み合わせています。

圧着加工の詳細分析

MicroForce 80では最低限の手間で圧着可能の詳細分析ができます。センサーは圧着装置または圧着モジュールの枠にねじ止めされています。これは枠上のプレスサイクルにより加えられた力を測定します。結果は電子的に作成され、統合ソフトウェアで評価後に5”ディスプレイに表示されます。MicroForce 80は基準曲線とのデータ比較に基づき、圧着の良し悪しを分類します。

高い生産性のための理想的な条件

保存された製品データにより切替時間を大幅に短縮できます。許容誤差やバッチサイズ、圧着品質の学習、評価範囲、ワイヤータイプや接点タイプといった生産目的で必要な全情報がすぐにいつでも利用できます。これにより、人的ミスに対して脆弱な複雑で費用の掛かる手作業の必要性を削減します。


安定かつ記録された工程

MicroForce 80により圧着工程を詳細に分析しその後記録できます。同システムは現在の圧着力曲線、正規分布、傾向を視覚的表現により示します。加工が必要な箇所については、この情報を使用して最適化できます。正規分布により測定値の分散に関する情報が得られます。一連の測定(最大50の圧着部まで含む)は力曲線の傾向を表します(あれば)。

品質データの記録

圧着力曲線の結果はUSBインターフェースを介して記憶媒体へ転送できます。機械可読データは要件により様々なフォーマット(Excel、Access)で使用できます。同データは集中システムにフィードバックすることもできます。


断面積範囲 0.35~6 mm²
AWG 22 ~ 10
動作電圧 24 V DC
電源 外部アダプター 100~240 V AC、50/60 Hz、24 W
ディスプレイ タッチ機能付き5.0”カラーディスプレイ
寸法(L × W × H) 146 × 46 × 106 mm
マウント 汎用マウント
CE 適合性 2006/42/EC