Iota 330
40 years cutting edge

Iota 330

カットとストリップ

  • Iota 330 – 自動ワイヤー加工分野におけるパイオニアで市場リーダー

    Iota 330 – 自動ワイヤー加工分野におけるパイオニアで市場リーダー

  • Iota 330 – 幅広い用途

    Iota 330 – 幅広い用途

  • Iota 330 – 1レーンフィーダー

    Iota 330 – 1レーンフィーダー

  • Iota 330 – 長い切断材用水平ケーブル排出路

    Iota 330 – 長い切断材用水平ケーブル排出路

  • Iota 330 – 4レーンフィーダー

    Iota 330 – 4レーンフィーダー

いつでも正確な切断のために

シンプルで直感的

  • 直観的でユーザーに便利
  • タッチパネルに組み合わされた主要機能を含む5つのハードキー

多用途かつ迅速

  • 様々な素材に対応
  • 25 mmまでの様々な直径に対応
  • 82 mmまでの幅に対応
  • 35 mm²までのワイヤー断面に対応
  • 1~4レーンの並列処理による
  • 高い生産率

細心かつ正確

  • 複数のサポートを備えたベルトドライブ
  • 素材直径までの閉合距離は
  • 手動で設定できます
  • 調整可能な適用圧力

切断機セグメントの万能ソリューションとして、lota 330には幅広い用途があります。同ユニットは熱収縮チューブや空気圧ホース、ケーブル、プラスチックバンドなど様々なコイル材を正確な長さ(最大1,000 m)に切断するよう設計されています。lota 330は操作のしやすさを保証しつつ、この作業を細心の注意を払って確実に行います。

スマートな操作

lota 330は「電源オン」ボタンを押すと使用準備が整います。 切断材はベルトドライブの閉合距離と適用圧力の設定に従い圧着されます。製品の長さや個数、バッチサイズはタッチスクリーンで設定できます。希望の最終製品はサンプル機能を使用して検証でき、マシンはその後始動できます。タッチディスプレイの他によく使用される機能用ハードキーとして5つのボタンがあり、このボタンを使えばツールを使用することなく幅広い素材を短い切替時間で簡単に処理できます。

丈夫で慎重な加工

複数のサポートを備えたベルトドライブは切断材をカッティングブレードへ誘導し、正確な位置決めを保証します。ベルトドライブの適用圧力と閉合距離は状況により手元で調整できます。lota 330は信頼のおける丈夫な万能切断機として期待されるすべての要件を満たしています。これは優れた性能とパワー、品質を提供します。コンパクトサイズのため空間要件を低く抑え、簡単に移動できます。4レーン並列処理能力により、最大生産出力を達成しました。


魅力的なデザインの万能ユニット

lota 330は最大限の柔軟性、加工の信頼性、正確性により理想的な切断機です。供給機は簡単に統合できます。lota 330はインターフェースとして機能する2つのI/Oおよびイーサネット接続の他、外部エンコーダ出力を提供します。この丈夫でパワフルな切断ユニットは35 mm2(AWG2)までのワイヤー切断面に対応し、正確な切断を行います。
lota 330は優れたデザインと人間工学的価値を備えています。すっきりとしたラインを強調することで、市場リーダーであるKomax Wireにより開発された製品であることが一目で分かります。

オプションとアクセサリ

  • 様々なカッティングブレード
  • ワイヤー供給機、ads 112、ads 115、ads 119、F1150
  • 生産表
  • 並列処理用分離ライン
長さの範囲 1 ~ 1,000,000 mm
長さの精度 +/- (1 mm + 0.2% × L)
ケーブル断面 0.14 ~ 35 mm2 (編組)、AWG 26 ~ 2
差込の最大高さ 16 (0.63 インチ) ~ 25 mm (0.98 in.) ベルトドライブ中心で
差込の最大幅 82 mm (3.2 インチ)
バッチサイズ 1~99,999 個
騒音レベル < 70 dB
電気接続 100 ~ 240 VAC/5A,、50/60 Hz、320 VA
圧縮エア接続 6 bar
寸法(W × H × D 385 x 510 x 525 mm (16 x 20 x 21 インチ)
重量 37.3 kg (82 ポンド)
インターフェース 2 × I/O, エンコーダ出力、イーサネット
カッティング
フラットケーブル